kindle unlimitedの登録手順を解説【教則本やベースマガジンのバックナンバーが読み放題】

ベーシストの愛読誌、ベースマガジンのバックナンバーが『kindle unlimited』で読み放題なの、知っていますか?

私は知りませんでした。笑



kindle unlimitedは、月額980円で200万冊以上の本がkindle(電子書籍)で読み放題のAmazonのサービスです。

30日間の無料体験も実施しているので、無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。

ちなみに、ベースの教則本もたくさんあります。

無料期間が過ぎても月額980円なので、本1冊買うのと同じと考えれば超おトクなサービスと言えますね!



というわけで今回は、kindle unlimitedに登録する手順について解説していきます。

kindle unlimitedを使って、好きな本や雑誌を読みまくっちゃいましょう!

\ 楽器や機材を買うならサウンドハウスが安い! /
サウンドハウス

kindle unlimitedの登録手順

kindle unlimitedの登録手順について紹介していきます。



登録は簡単3ステップです。全体の流れとしては次のとおり。

手順通りにやれば5分くらいで簡単に登録できますので、すぐに登録してベースマガジンを読みまくりましょう!

事前準備:Amazonのアカウントが必要

kindle unlimitedを利用するためには、Amazonのアカウントが必要です。


既に持っている方は、次の「手順1」に進んでください。

>> 手順1へ

まだ持っていない方は、下記のリンクから登録を済ませてしまいましょう。

登録は、図のとおり必要事項を入力して「Amazon新規登録」ボタンを押すだけです。

手順1:公式サイトの「30日間の無料体験を始める」ボタンを押す

アマゾン公式サイト(下記リンク先)に移動して、Amazonのアカウントでログイン後「30日間の無料体験を始める」ボタンを押します。

手順2:支払い方法を入力

支払い方法を「クレジットカードまたはデビットカードを追加」「携帯決済を追加」のどちらかから選びます。

通常はクレジットカードでの支払いが多いかと思います。

入力が終わったら「お客様のカードを追加」ボタンを押すだけです。



以上で、kindle unlimitedの登録完了画面が表示されれば登録完了です。

めっちゃ簡単ですね♪

手順3:無料体験終了の前日にリマインダー

無料体験終了後は自動で料金が支払われるシステムになっているので、月額料金を払いたくなければ必ず無料体験期間中に退会する必要があります。

なので、忘れないように無料体験終了の前日にリマインダーしておきましょう。



もし無料期間後も月額料金で利用したいと思っても、リマインダーを無視すればいいだけなので、必ずやっておくのをおすすめします。

※解説はiPhoneでの操作です。

あなたが絶対に忘れないと思う日時と時間を設定しましょう。



参考までに、私は登録後すぐに無料体験終了の2日前の20:00に設定しました。

kindle unlimited を利用するメリット

kindle unlimited って、どんなメリットがあるの?って気になると思います。

なので、kindle unlimited を利用するメリットについて解説していきます。



具体的にメリットを挙げると、次の4つです。

  • 30日間は無料で読める
  • 好きなタイミングでダウンロードできる
  • どこにいてもすぐに読める
  • 本や雑誌の保管場所をとらない

それぞれ、詳しくみていきましょう。

30日間は無料で読める

1番のメリットといえば、やはりこれではないでしょうか。

kindle unlimitedの利用が初めてなら、30日間は無料で本や雑誌が読み放題です。



例えばベースマガジンを1日1冊読むとしたら、1ヶ月で30冊分は読めちゃいます。

1冊1,000円くらいと考えると、約30,000円分を無料で読むことができるということです。

好きなタイミングでダウンロードできる

通常、本や雑誌を読もうと思ったら、購入する手間がありますよね。



本屋さんで買うなら本屋さんに行く手間…。
ネット注文なら家に届くまでのインターバル…。



でも、kindle unlimitedなら電子書籍を選んでダウンロードするだけです。

いつでもどこでも、スマホでピピッと選ぶだけなので、すごく楽チンです。

どこにいてもすぐに読める

kindle unlimitedは電子書籍なので、スマホ1つあればいつでも好きな本や雑誌を読むことができます。



たとえば、スタジオで練習している時や音楽仲間で集まっている時など、外出中にベースマガジンを見たいタイミングってあると思います。

そんな時でも、スマホさえあればいつでもパッと見られるのは大きなメリットです!

保管場所をとらない

本や雑誌って、保管で地味に場所を取るので困る…って人も多いと思います。

その点、電子書籍ならすべてデータ保管なので、一切場所を取ることはないです。



読んだ雑誌が溜まっていくのが好きって人も多いと思いますが、読まなければ保管場所を圧迫するだけです。

持ち物は少ない方がスッキリします。

kindle unlimited のデメリット

メリットがあれば当然デメリットもあります。

具体的には、次のとおりです。

  • 譜面や付属CDは見れない
  • 文字が小さい
  • 同時利用は10冊まで

こちらも、それぞれ詳しく解説していきます。

譜面と付属CDは見れない

ベースマガジンなどの音楽雑誌の電子書籍版は、著作権の都合で譜面と付属CDの収録がされていません。

実際、雑誌には次のような注意書きがされています。

著作権の都合により、本電子版には底本(紙版)に掲載された譜面は収録しておりません。何卒ご了承ください。

付属CDに関しては現時点で別売りはしていないようなので、どうしても入手したい場合は雑誌を購入する必要が出てきます。

文字が小さい

雑誌などの電子書籍版は、スマホで読むには文字が小さすぎて読みづらいです。

対処法としては、iPadやタブレットなど大きめの端末で読むか、スマホで読むなら拡大操作などをして読む必要があります。



とはいえ全く読めないということはないので、デメリットに感じるかどうかは人によるかなって思います。

ハ◯キルーペで解決するのかな…。笑

同時利用は10冊まで

これは個人的に最大のデメリットかなって思います…。

unlimitedと名が付いていながら、同時に持っておける本の数は10冊が上限です。



11冊目以降の本をダウンロードするためには、利用している10冊のうちどれかを利用終了しなければなりません。

※11冊目をダウンロードしようとすると↓のようなメッセージが出ます。

つまり、ベースマガジンなどはkindle unlimitedで読めるものを全部ダウンロードして自分のライブラリに置いておくっていうのはできないです。



お気に入りの本が10冊以上になった場合は、読みたい時にいちいちダウンロードする手間があります。

まあ、kindle unlimitedの仕様なので仕方がないですね…。他のたくさんの恩恵を受けるためには我慢しなければならない部分です。

>> 30日間無料体験中の『kindle unlimited』を利用してみる

まとめ:『kindle unlimited』でベースマガジンを読みまくろう!

この記事では、kindle unlimitedの登録手順kindle unlimitedを使うメリット・デメリットについて解説しました。



『kindle unlimited』をベースマガジン購読目的で利用するなら

無料期間中にバックナンバーを読み漁る → 手元に残しておきたいものを購入

こんな使い方がおすすめです!



30日の無料体験を有効活用して、ベースマガジンを読みまくっちゃいましょう!

それでは、記事の内容は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました