ベース本体や機材をちょっとでも安く買う5つの方法

記事タイトル画像

新しくベースを始めようと思ったら、初期投資として30,000円くらい必要です。

※詳しくは下記の記事で解説しています。

新しい趣味を始めるにはかなりお手頃な値段だとは思いますが、それでも安くおさえられるのなら安く買いたいですよね。



そこでこの記事では、ベース本体や機材を少しでも安く買う方法を5つ紹介します!

  • ちょっとでも安く買う方法を知りたい
  • ベース本体や機材購入で損したくない
  • どんな方法があるのか気になる

こんな人は必見です。

\ 楽器や機材を買うならサウンドハウスが安い! /
サウンドハウス

ベース本体や機材を少しでも安く買う方法

それでは早速、ベース本体や機材をちょっとでも安く買う方法を見てみましょう。

方法1.激安初心者セットを買う

まず1つめは、激安初心者セットを買う方法です。

私はあまり推奨していませんが…安くおさえたいなら選択肢の1つとしてアリですね。

2020/06/10追記

初心者セットについて調べてみましたが、ちゃんと選べばそれなりにいいものがありそうです。

なので、選択肢としては全然アリですね♪

詳しくは下記の記事にまとめています。

方法2.中古品のベースを買う

2つめは、中古品のベースを買う方法です。



結局、1番お金がかかるのって「ベース本体」の値段です。

なので、ベース本体を安くおさえる = 初期投資をかなり低くおさえることに繋がります。



中古品を買う際は、有名所の楽器屋さんでちゃんと調整されたものを買いましょう。

方法3.ベース本体だけでも人に譲ってもらう

3つめは、ベース本体だけでも人に譲ってもらう方法です。

これも、2つめの方法と同じ理由です。ベース本体さえなんとかすれば、周辺機材は15,000円くらいで良いものが揃えられます。

親戚や友人、学校や職場の人などで、譲ってくれそうな人がいないか探してみましょう。

ちなみに、私も友人にベースを1本譲ったことがあります。案外、頼んでみると譲ってもらえる可能性は高いかもですよ♪

方法4.サウンドハウスを積極的に利用する

4つめの方法はサウンドハウスを積極的に利用することです。

サウンドハウスは、ネットで楽器や機材を購入できる大手通販会社です。

株式会社サウンドハウスは、千葉県成田市にある、業務用音響機器、楽器、舞台照明機器の輸出入及び販売を手がけるネット通販会社。
同社は日本国内において音響照明機器の通信販売大手企業である。

引用元:Wikipedia

音楽関係者にとって割と有名なサウンドハウスですが、その大きな特徴はとにかく安いこと。



安い理由は、独自の流通システムで経費を削減していたり、薄利多売の戦略を取るなどして、販売価格を徹底的におさえているのが大きいから。

決して、怪しい通販サイトではありません。



具体的にどれくらい安いのかは、下記の記事で詳しく解説しています。

ベースや機材をちょっとでも安く買いたいと思ったら、積極的な利用はわりと必須です。

方法5.楽天カードに入会する

これはわりと裏ワザかなって思います。

5つめの方法は、「楽天カード」の新規入会&利用で貰えるポイントを使う方法です。



CMでもおなじみの楽天カードですが、新規入会&カード利用で、楽天で使えるポイントが5,000円分もらえます。

年会費は永年無料。審査もそこまで厳しくないみたいで簡単に作れます。

>> 楽天カードに申し込む

私も楽天カード使ってますよ。

ちなみに、時々8,000ポイントに増額のキャンペーンもやっています。

下記のテレビCMがやっている間は、増額キャンペーン中です。(たぶん見たことありますよね笑)

この特典を利用すれば、たとえば

  • 初期投資30,000円 → 22,000円
  • 初期投資35,000円 → 27,000円

といった具合に、初期投資をかなり抑えることができます。

まとめ:おすすめはサウンドハウス + 楽天カードの掛け合わせ

ベースや機材を安く買う方法を紹介しました。



おすすめは、サウンドハウスの利用+楽天カードの掛け合わせです。

この2つを利用すれば、ベースを始める敷居がぐっと下がること間違いなし!



楽天カードは発行まで時間を要するので、早めの申し込みが吉です。

モタモタしていると、ベースを始める熱が冷めてしまうので…。

以上で、本記事の内容は終わりです。

おトクに買い物して、気持ちよくベースを始めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました